かぶれ 原因 症状 対応方法

かぶれの原因と症状と対応方法

スポンサーリンク

汗によるムレなどによって、皮膚トラブルを引き起こす場合がありますが、原因の1つには衣類の締め付け感や擦れなども挙げることができます。
毎日身に付ける衣類の対応方法を知ることにより、症状を緩和させることが可能です。
夏の時期は特に汗をかきやすく、細菌も繁殖してしまい、菌によってもかぶれを引き起こし、皮膚トラブルに結び付きます。
対応方法には、衣類に触れることによって刺激を受けているのか、あるいは衣類を洗う柔軟剤や洗剤などによってアレルギー反応を起こすのかによっても異なります。
症状として、かぶれが発生すると赤いブツブツや水疱、ただれなどが現れ、かぶれは痒みやヒリヒリした症状まで招きやすくなります。
原因となる衣類は毎日着用するために、適切な対応方法を取らなければ症状が改善されずに悪化する場合も挙げることができます。
衣類の加工にも注意が必要で、抗菌加工が施されていても加工に使用する成分によってアレルギー反応が出る場合もあります。

スポンサーリンク

衣類が原因でかぶれが起きた場合、対応方法の1つとして炎症を抑制させることが重要です。
患部にステロイド外用剤を塗ることが肌に刺激を与えない薬剤ですが、外用薬が手元にない場合、患部をまずは冷やすことで炎症を鎮めることができ、症状の悪化を防ぐことができます。
特にデリケートな肌質の場合には、肌のバリア機能が低下しやすいため、常に保湿剤を塗布し、潤いを維持させることは重要です。
また、衣類は肌に触れにくいゆったりしたサイズを選ぶことや、毛羽立った繊維の物は避けることも大切です。
夏の時期は、汗や皮脂による菌の増殖も問題視すべきで、身体のみならず、顔や頭皮もかぶれやすくなるために薬用石鹸を用いり、清潔に保つことは重要です。
万が一、外用薬を塗布しても症状が収まらない場合には他のアレルギーが疑われるため、医療機関の受診が必要で、抗生物質が配合されているステロイド外用剤など、適切な薬によって緩和や改善が期待できます。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加