赤ちゃん おしり かぶれ 薬

赤ちゃんのおしりかぶれは適切な薬で早めの治療が大切です

スポンサーリンク

 あかちゃんのおしりかぶれを防ぐためには、小まめにおむつを取り替えを心がけ清潔に乾燥させておくことが必要です。
おしりふきを使う場合は、強くこすらずに汚れを取るために水分をたっぷり含んだ製品を選ぶことも大切です。

 

排便後には水を使って洗ってあげると、赤ちゃんの肌に負担をかけることなくキレイにしてあげることができます。

 

また、蒸れを防ぐのに役立つベビーパウダー類は粒子が細かいので、赤ちゃんが吸いこまないように注意する必要があります。

 

また、厚塗りによって、かぶれを起したり、悪化させる危険性もあります。

 

ですが、どんなに気を付けていてもかぶれてしまいがちです。

 

それは赤ちゃんは肌が薄い事、一日になんどもオムツ内で排便をすることが原因です。

 

最初は小さな発疹だけでも、気が付いたら赤くただれてしまったというケースも珍しくありません。

 

痛いので夜泣きをしたり、不機嫌になってしまいます。

 

もし、赤ちゃんのおしりかぶれに気づいたらひどくなる前に対処してあげたいものです。

 

スポンサーリンク

一番の対処法は薬を塗る事です。

 

症状が軽く市販薬を買う場合は店舗にいる薬剤師に相談し、赤ちゃんにも使える製品を選びましょう。

 

ですが、面倒でも出来るだけ小児科に行って診察してもらうことをおすすめします。

 

なぜなら、ただのかぶれと思っていたものがカンジタであった場合にステロイド入りの軟膏を塗ると悪化してしまいます。

 

もちろん、保湿剤を塗ってもカンジタは治りません。

 

小児科で診察してもらうメリットは、今のかぶれに一番適切な薬を処方してもらえることです。

 

軽い場合は、予防効果もあるワセリンが処方されることもあるのですが、多くの場合はステロイドなしの軟膏が処方されます。

 

それでも改善が見られない場合はステロイド入りの軟膏の処方となります。

 

赤ちゃんは皮膚がまだまだ弱いので塗る際にも大人に塗るよりも、気を付けてあげましょう。

 

清潔で乾かしてぬるのですが、その際には強く擦り込まずに薄く伸ばします。

 

おしりがきれいで痛みもなくなるとご機嫌になり、ママの負担も減るはずです。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連ページ

大切な赤ちゃんの頬をかぶれから守るためには
かぶれの原因と症状と対応方法あれこれです。
赤ちゃんのほっぺのかぶれは清潔にして保湿をする
かぶれの原因と症状と対応方法あれこれです。