まぶたのかぶれの治し方

スポンサーリンク

 まぶたのかぶれは一見赤く腫れているように見えます。

 

かゆみがあり非常にデリケートな部分であるため対処に困ります。

 

まずまぶたのかぶれの原因は主に化粧によるものが多いとされています。

 

アイシャドウやアイライナー、マスカラなど様々な化粧品によってメイクを行います。

 

また最近ではアイプチのように目を二重にするための道具も販売されています。

 

このような化粧品には化学成分が含まれており刺激があります。

 

またメイクを落とすときにも力を入れたりすることで肌に負担を掛けてしまいます。

 

これを繰り返していくうちにまぶたへの負担や目に見えない傷が入ることでかぶれにつながります。

 

もちろん女性にとっては必要な事ではあるものの自分で肌が弱いと自覚している場合は極力抑えるようにしましょう。

 

またそれ以外の原因では花粉症があります。

 

花粉症はアレルギー症状ですので仕方ありませんが花粉が多い季節はマスクなどで予防しアレルギー反応を起こさないように心掛ける事も大切です。

 

スポンサーリンク

まぶたのかぶれの治し方は薬を塗布する方法になります。

 

それ以外の治し方はありません。

 

皮膚科などに行った場合は処方されるため用量をしっかり守り塗布するようにしましょう。

 

薬についてはいくつかありますがステロイド系の薬を塗ると症状が悪化する場合もあるため出来るだけ肌に負担の少ない薬を塗ることが大切です。

 

また市販の薬で対処する時も同様でまぶたは特にデリケートの部分ですので強い薬を避け、わからないのであればドラッグストアーなどの薬剤師に相談してみることも大切です。

 

ワセリンのようなものでも添加物が入ってないため有効ですが、あまり効果が感じられないようであれば医療機関に相談することが大切です。

 

どれが有効な治し方かはその症状や、原因などによって変わりますし、また個人差もあるため一概には言えませんが出来るだけ負担に少ない薬を使うことと、かぶれないようにまぶたをしっかりと保護する事を意識することが大切ですので覚えておきましょう。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加