漆かぶれ うつる

漆かぶれはうつるのか

スポンサーリンク

毎日の生活の中で、何かの拍子に皮膚がかゆくなるというような経験をしたことが少なくありません。

 

日常生活の中で皮膚がかぶれる原因となっているのも歯いくつかありますが、その中で漆というものがあります。

 

漆は日本では古くから使われているものとなっています。

 

現在ではさまざまな製品として販売されたり重宝されていますが、それだけではありません。

 

日曜大工などでも使われるようになっています。

 

しかしここで注意をしなければいけないことがあります。

 

自宅で漆を使うということがありますが、ここでは漆かぶれが発生する可能性があるのです。

 

直接肌に触れることで発生するのが漆かぶれとなります。

 

このほかには漆の葉っぱの中にたまっている水分に触るだけでもかぶれの症状が現れることがあります。

 

体にどのような症状が現れるようになっているのかというと、我慢をすることができないようなかゆみに襲われることがあります。

 

夜も眠ることができないというようなこともあります。

 

スポンサーリンク

このように人間の皮膚を傷つけてしまう漆かぶれですが、他の部分にうつることがあるので注意が必要です。

 

自分以外の人にうつると言うことはありませんが、体の他の部分にうつることがあります。

 

かぶれた部分が自分の体の他の部分に触れてしまうと、それがうつってかゆくなる可能性があります。

 

したがって漆かぶれがあるときには、しっかりと対策をする必要があります。

 

日曜大工などで漆を使うというようなことがありますが、この場合は漆を使う前に服装に注意をします。

 

上下は長袖にし、手袋もしっかりと付けるようにします。

 

このようにして直接漆が肌に触れないように対策をすることが必要になります。

 

これは現場で働く職人にも発生するようになっています。

 

したがって昔からさまざまな治療法があるというのが特徴です。

 

塩やアロエを使った治療法がありますが、現在ではこれらの方法以外に皮膚科を受診するという方法があります。

 

皮膚科ではステロイド薬や抗ヒスタミン剤が処方されています。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連ページ

漆かぶれの症状等について
かぶれの原因と症状と対応方法あれこれです。
漆かぶれに効く市販薬
かぶれの原因と症状と対応方法あれこれです。
漆かぶれの治療法等について
かぶれの原因と症状と対応方法あれこれです。
ウルシと似たかぶれ症状を引き起こすハゼノキ
かぶれの原因と症状と対応方法あれこれです。