絆創膏 かぶれ 治し方

絆創膏でかぶれた時の治し方

スポンサーリンク

 料理の最中に指を切った、いつの間にか擦り傷が、という時に活躍するのが絆創膏です。

 

最近は技術も進歩し、様々なタイプの絆創膏があります。

 

昔ながらの粘着性の絆創膏を使うと、たまにかぶれる事があります。

 

これは絆創膏が合わないと思いがちですが、実際は粘着による皮膚への刺激が原因と考えられます。

 

なので製品を変えても、症状が出ないとは限りません。

 

勿論粘着性でないものは効果があると言えます。

 

かぶれの原因は、皮膚が粘着の影響を受けているためです。

 

剥がす時や長い時間貼りっ放しの時に、皮膚への刺激が強くかぶれてしまう事が考えられます。

 

皮膚は少しの刺激にもストレスを感じ、炎症を起こしてしまうものです。

 

傷口などには便利な絆創膏ですが、かぶれてしまうのは困るという方も居るでしょう。

 

現在は傷口に泡を作り、傷を治す便利なものもあります。

 

絆創膏自体は皮膚への安全性を考慮して開発しているので、影響は少ないと言えます。

 

しかし皮膚が弱い、普段からかぶれやすい場合は注意が必要です。

 

スポンサーリンク

出来てしまった湿疹などの皮膚炎は、患部を綺麗にして保護する事が大切です。

 

軽い症状なら治りも早いですが、酷いものは皮膚科に診てもらう事も必要です。

 

出来る限り自分で治したいという場合の治し方として、ステロイド入りの塗り薬を利用する方法があります。

 

最近は市販のものでもステロイド入りの薬が増えて、種類も多くあります。

 

あまり皮膚に刺激を与えない低刺激のものを使ってください。

 

また、患部がカピカピに乾燥する場合は、ガーゼなどで保護する事も大切です。

 

治し方としては薬を塗る事が効果的ですが、患部を清潔にした状態を保つ事も必要になります。

 

ステロイド入りの塗り薬を利用すると、短い期間で治す事が可能です。

 

また症状が悪化して水ぶくれが出来た時ですが、邪魔で潰したい場合は消毒した針などで潰すようにしてください。

 

無闇に潰して菌が入ると、更に皮膚が悪い状態になる事もあるので、水ぶくれの症状は注意して対処するようにしましょう。

 

かぶれの治し方を行っても効果がない場合は、症状が小さくても皮膚科などの専門的な治療も検討して、早めに対処してください。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連ページ

湿布でかぶれてしまった時の治し方
かぶれの原因と症状と対応方法あれこれです。