赤ちゃん 頬 かぶれ

大切な赤ちゃんの頬をかぶれから守るためには

スポンサーリンク

 赤ちゃんの肌と言えば、つるんときれいな肌をイメージすると思います。

 

化粧品などでも「赤ちゃんのような肌に」とうたっている商品がたくさんあります。

 

しかし、実際には大人に比べて半分以下の薄い肌のため、傷つきやすかったり、皮脂量や水分量も少ないのでちょっとした温度や湿度の変化に対応することができなかったりして、いろいろなトラブルがおきやすくなっています。

 

そのため、生後1ヶ月くらいすると、頬などに赤くプツプツとしたかぶれが見えることが多くなります。

 

多くのお母さんは、生まれたばかりはあんなにきれいだったのにどうしてだろう、跡が残ってしまったらどうしようなどと、とても心配します。

 

かぶれの中にはかゆみを伴うものもあったりして、かゆがる様子をみているとさらに心配になってしまうこともあります。

 

しかし、しっかりとしたケアをしていればほとんどの場合は跡も残らず、月齢とともに肌に免疫力がついてきてきれいに治ってしまいます。

 

スポンサーリンク

 頬のかぶれにはいろいろな原因があります。

 

一番多い原因は乳児湿疹です。

 

赤ちゃんはお母さんからの女性ホルモンの影響で皮脂の分泌量が多くなります。

 

その過剰に分泌された皮脂を排出することができず、毛穴などに詰まってニキビのように、頬に赤くプツプツとできてしまいます。

 

母乳で育てている場合、お母さんがケーキなど油分の多い食べ物を食べた場合、一時的に皮脂量が増えてプツプツが増えてしまうこともあります。

 

 ケアの方法としては、まず肌を清潔に保つことです。

 

お風呂に入った時にはベビー用の石けんをしっかり泡立てて洗います。

 

大人用の石けんには、赤ちゃんに刺激の強い成分が入っていることもあるので、必ず赤ちゃん用の石けんを使う必要があります。

 

また、泡立てずに洗うと肌をこすってしまい、傷つけてしまうことになるので、しっかり泡立てて優しく洗う必要があります。

 

そして、かゆみなどがある場合、赤ちゃんが触って炎症がおきてしまうこともあるので、ミトンなどを付けて触れないようにしておくことも大切です。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連ページ

赤ちゃんのおしりかぶれは適切な薬で早めの治療が大切です
かぶれの原因と症状と対応方法あれこれです。
赤ちゃんのほっぺのかぶれは清潔にして保湿をする
かぶれの原因と症状と対応方法あれこれです。