赤ちゃん ほっぺ かぶれ

赤ちゃんのほっぺのかぶれは清潔にして保湿をする

スポンサーリンク

赤ちゃんのほっぺのかぶれはとてもかわいそうですし、痛々しいですよね。

 

そんな赤ちゃんのほっぺのかぶれの原因はよだれやミルクが関係していると言えます。

 

赤ちゃんは口を閉じる力や飲み込む力が未発達なため、処理しきれなかった唾液がよだれとなって出てくるのです。

 

しゃぶっていくうちに唾液がどんどん分泌され、口周りやあごを汚すことになります。

 

また、赤ちゃんのよだれがでやすい時期は3ヶ月頃からと言われています。

 

そして6〜7ヶ月ことがピークでよだれがどんどんでてくるので、ほっぺのかぶれはますます悪化していきます。

 

赤ちゃんの肌は紫外線に当たっただけで赤くなったり、少しこすっただけでも真っ赤になったりと、とてもデリケートなので、よだれでもすぐに荒れてしまいます。

 

ですので、こまめにケアをしてあげることがかぶれから守ってくれるのです。

 

たかがよだれだと思い、そのまま放置をするのではなく、常に気にかけてあげることが予防につながります。

 

スポンサーリンク

あかちゃんのほっぺのかぶれのケアでしておきたいこととは、まず当たり前のことなのですが、こまめに拭いてあげることが一番大切です。

 

肌が弱い赤ちゃんですので、ガーゼハンカチのようなもので優しく拭いてあげるといいと思います。

 

また、あかちゃんのよだれを拭いてあげる際には口周りだけでなく、あごや体全体までふいてあげることが大切です。

 

拭き取りましたら乾くまでそのままにしておきます。

 

ひたすらよだれが出てきての繰り返しになるとは思いますが、洗浄→乾燥を繰り返すことが重要です。

 

さらに症状がひどくなってしまった場合は、ワセリンなどの保湿剤を塗ることをオススメします。

 

あかちゃんが嫌がってなかなか塗らせてくれないかもしれませんが、根気よく塗り続けることが症状を和らげることにつながりますので、毎日続けることが大切です。

 

それでも改善されない場合には、皮膚科などを受診することをオススメします。

 

ほっぺのかぶれなどはよだれ以外にも原因があるかもしれませんので、早めの受診をオススメします。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連ページ

赤ちゃんのおしりかぶれは適切な薬で早めの治療が大切です
かぶれの原因と症状と対応方法あれこれです。
大切な赤ちゃんの頬をかぶれから守るためには
かぶれの原因と症状と対応方法あれこれです。