かぶれ 薬

かぶれに効く薬について

スポンサーリンク

皮膚がかぶれてかゆいという経験をしたことがある人は少なくありません。

 

しかし、その後にどうするかは個人の性格により別れるところです。

 

 大したことがないので放置したという人もいれば、ドラッグストアで市販薬を購入してそれを使ったという人もいれば、皮膚科の病院へ慌てて駆け込んだなど、反応は様々です。

 

 今回はそんな風に対応が別れるかぶれによく効く薬とは何かを検証していきます。

 

 かぶれができても、その原因が明らかなのであれば、そんなに慌てる必要はありません。

 

その後のケアでどうにかなる場合が殆どです。

 

 そしてこの場合のケアとは、清潔さを保つこととかゆみや炎症を抑える薬を使用することです。

 

 その種のものは、ドラッグストアで複数売られています。

 

症状が比較的軽いときは、炎症を抑える効果を持つヒスタミンが配合されているものを優先的に選ぶようにしましょう。

 

掻きむしって傷口が化膿したのでもない限り、それを使用しているうちに治るのが殆どです。

 

スポンサーリンク

 かゆみや炎症が強烈なら、ステロイド成分が配合されているものを使いましょう。

 

既に傷口が掻きむしったことにより化膿しているのなら、抗生物質や化膿止めが配合されているものを使用するのが好ましいです。

 

 なお、その種のものに対する知識が不足している場合は、ドラッグストアに常駐している薬剤師に相談してみましょう。

 

 市販品では症状がいっこうに改善されないという場合は、かぶれではなくアトピーなどを患っている可能性があるため、専門医の診察を受けるようにしましょう。

 

 特に原因が全く分からないのにそうなった場合は、内臓疾患や悪性腫瘍を患っていることも懸念されるため、放置は厳禁とされます。

 

 いずれにしても、かぶれを治す薬で症状がまるで治らない、という状態がターニングポイントとなります。

 

 単にかゆくて腫れるだけだからと放置せず、専門医の診察の診察を受けることが何より大切となります。

 

日頃から健康管理をきちんとしておきましょう。

 

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連ページ

まぶたのかぶれの原因と薬について
かぶれの原因と症状と対応方法あれこれです。
かぶれには薬としては一般にはオロナインが良いとされています
かぶれの原因と症状と対応方法あれこれです。
テープかぶれに効く軟膏
かぶれの原因と症状と対応方法あれこれです。