かぶれ 薬 オロナイン

かぶれには薬としては一般にはオロナインが良いとされています

スポンサーリンク

 かぶれとは皮膚に炎症が起きることを言い、うるしなどに触れたときにこの症状が現れます。

 

一般的には赤くなってかゆくなることが多く一種の皮膚炎です。

 

赤ちゃんではおむつかぶれがよく知られています。

 

最初はおむつが当たるところが赤くなります。

 

症状としても軽くて平面的な赤身を帯びていますが重症化してくると腫れ上がって来ます。

 

そして皮膚が擦りあうごとに皮膚がむけてただれて来ます。

 

こうなると赤ちゃんは排尿、あるいは排便のたびにそこが痛いので泣くようになります。

 

なぜ痛くなるのかについては尿の中に含まれるアンモニアの成分や排便の中の酵素が刺激を与える為とされ、さらには皮膚組織を壊してその為に炎症も進行するとされています。

 

対処法としてはまず皮膚を清潔にすることが先決で、その後に亜鉛華単軟膏を塗布するのが良いとされています。

 

相当に炎症が起こっている場合はステロイド外用剤とかを塗布すると効き目も早く現れます。

 

そしてもし炎症が軽めのうちであればオロナイン軟膏も薬としては有効とされています。

 

スポンサーリンク

赤ちゃんのおむつかぶれはよく起こりがちでこれを予防するにはこまめに取り替えることやむれをなくすることが大切です。

 

一般に統計上から言われているところでは布おむつよりも通気性に富んだ紙おむつのほうがおむつかぶれし難いとされています。

 

便は拭き残しのないように注意し、下痢など起こして柔らかな場合には拭くというよりは洗うといったような方法で取り除いて、その後からワセリンなどを塗っておくと良いとされています。

 

その他かぶれは化粧品や衣類、アクセサリー製品、あるいは殺虫剤などと接触することでも起こるとされています。

 

一時的な刺激性のものとピアスなど該当物質に過敏に反応するアレルギー性のものとがあり、原因を特定してそれに適した薬剤を使用することになります。

 

市販のオロナインは良く知られていて薬としてオロナインが使われることもありますが、これは簡易な対処法であり、これでも快方に向かわない場合は専門の皮膚科などを訪ねると良いと思われます。

 

素人考えに頼らずサイトなどで症状を当たったりするとある程度のことが分かって来ます。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連ページ

かぶれに効く薬について
かぶれの原因と症状と対応方法あれこれです。
まぶたのかぶれの原因と薬について
かぶれの原因と症状と対応方法あれこれです。
テープかぶれに効く軟膏
かぶれの原因と症状と対応方法あれこれです。