アイプチのかぶれの治し方

スポンサーリンク

 アイプチとは、専用の接着剤を使い上まぶたの皮膚と皮膚をくっつけることで一時的に二重にするという美容グッズの一つになります。

 

一重の人や、奥二重など曖昧な線の二重の場合などにハッキリとした二重の線を作りぱっちりとした目元にすることが出来る優れものになります。

 

一重から二重になったり、本来の二重の線よりも幅を増やすことでより目が大きく印象的な顔立ちにすることが出来るので若い世代を中心に人気となっています。

 

現代では、美容整形を受けることで簡単に二重にすることも出来ますが美容整形には抵抗がある人や少しでも経済的にイメージを変えたいという人にアイプチが支持されています。

 

しかし、目元は体の部位でも特に皮膚が薄くデリケートなのでちょっとした摩擦や刺激なども受けやすく腫れや赤みなどが起きやすい部位になります。

 

アイプチを正しく使うことが出来ないと、かぶれる原因にもなるので十分注意してアイプチを使うようにすると良いです。

 

スポンサーリンク

かぶれてしまった場合は、治し方としてはすぐに使用を止めて冷やすことです。

 

タオルなどに保冷剤や氷を包んでそのままかぶれたまぶたの上に乗せるようにします。

 

低刺激性の保湿剤を使ってたっぷり保湿をしておくことも、効果的な治し方の一つになります。

 

かぶれている時は、肌のバリア機能が低下している状態なので肌機能を回復させるためにも保湿を行うと良いと言えます。

 

アイプチによる上まぶたのかぶれは、徐々に症状が出るというよりはある日突然一気に症状が出ることが多いとされています。

 

急に赤みや腫れが出てヒリヒリとするような痛みを感じることが多いと言われています。

 

酷い場合は、早めに皮膚科を受診して治療を受ける必要がありますが、アイプチの使い方に日頃から気を付けておくことも一つの治し方になります。

 

接着剤を落とす時が一番重要になるので、落とす時は手でそのまま引っ張って取るのではなく水に浸したコットンを当てて優しく拭き取るように落とします。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加