湿布によるかぶれとぶつぶつの症状

スポンサーリンク

 日常的に、筋肉痛や肩こりを感じたら、とりあえず湿布で対処するという方は多いと思います。

 

しかし湿布は、合うものは問題ありませんが、中には薬剤が強過ぎてかぶれてしまうものもあります。

 

湿布を貼った所が赤くなったり、ぶつぶつが出来たというのはよくあります。

 

湿布が原因でかぶれてしまった場合、刺激を与えない事が必要です。

 

ぶつぶつが出来ると痒みも出る事がありますが、掻かないようにしてください。

 

掻いて刺激を与える事で治りが遅くなる事も考えられるので、注意しましょう。

 

かぶれは、皮膚に当たる薬剤などの成分が刺激となり、ぶつぶつや膿を伴った水ぶくれを起こすアレルギーのひとつです。

 

対策には、反応を起こす原因の薬剤や物質を取り除く事が大切です。

 

湿布が原因のかぶれは、貼った場所の薬剤を綺麗に洗い落とし、清潔に保つようにしましょう。

 

石鹸などは他の反応を引き起こす可能性もあるので、水洗いで優しく擦らないように薬剤を落としてください。

 

スポンサーリンク

かぶれの対処法としては、湿疹に効果のあるステロイド剤を利用する、刺激を与えない、冷やすなどが考えられます。

 

ステロイド剤は効果がある分強い成分なので、皮膚科などで処方されたものを使うと安心出来ます。

 

自分で市販のものを用意する場合は、なるべく低刺激のものを選ぶようにしましょう。

 

また長期間の使用はやめ、症状が軽くなったらやめるようにしてください。

 

この点は皮膚科を利用すると、適切な使い方を説明されるので安全率が高くなります。

 

その他に、患部を不意に触らないようにガーゼで保護する、炎症を冷たいタオルで冷やして抑えるなどの方法が効果的です。

 

早く治したいなら、症状が悪化しない内に皮膚科に診てもらって、効果的なステロイド剤を処方してもらいましょう。

 

自分で症状を抑えたい時は、なるべく患部を触らないように気をつけ、患部の血行を良くしないように入浴時間は短くするなど、普段の生活に気をつける事が大切です。

 

かぶれは予期せぬ時に起こるものなので、原因がわかったら患部を清潔に保ち、痒くても掻かないようにしてください。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加