毛虫に触れた部分のかぶれが広がる原因と対処法について

スポンサーリンク

 毛虫は品種によっては毛に毒を含んでいるため、触れるとかぶれが生じることがあります。

 

肌のかぶれは毛虫の品種によって発症するまでの時間が異なりますが、炎症や熱を伴う痛みなど、目立った症状が現れる特徴があるので速やかに治療を受ける必要があります。

 

特に患部を擦ってしまうと肌に付着した毒を含んでいる毛が周囲に飛散してしまい、かぶれの症状が広がる原因になります。

 

衣類の生地に擦れることで広がるケースもあるので、毛虫に触ってしまった部分には刺激を与えないように気を配ります。

 

肌が弱い子供や高齢者は症状が重篤化しやすいので特に注意が必要です。

 

毛虫の品種によっては強い毒で障害が残ってしまう可能性があることから、治療の際には触れた毛虫を医療機関に提出することでより適切な治療を受けることが出来ます。

 

また、治療中は体が衰弱しないように安静な状態を保つことも重要になります。

 

患部に素手で触れると毒の毛にも接触してしまう可能性があるので注意します。

 

スポンサーリンク

かぶれが広がる原因は毒の毛の飛散だけではなく、化膿した傷口から滲み出た膿も含まれます。

 

膿の中には細菌が混在しているため、触れた部分の毛穴や傷口などに細菌が入り込んでかぶれの症状を引き起こすことがあります。

 

膿によるかぶれは体のどこにでも生じる可能性があるので、治療中は傷口を露出させないように注意すると共に、常に清潔な状態を保つことが患部の拡大を防ぐための心得です。

 

その一方で過度な洗浄は皮脂を洗い流してしまい、肌荒れに繋がってしまう点を注意する必要があります。

 

肌荒れになって表皮に傷が出来ると様々な疾患に見舞われてしまうリスクが増大するので、適度な洗浄と肌の保護を両立させるように努めます。

 

肌トラブルを引き起こす毛虫は地域によって品種が異なりますが、個体には決して接触しないのが最良の予防法になります。

 

また、個体に直接触れなくても飛散した毒の毛が肌に付着すると疾患に見舞われる可能性があるので屋外に出る際は細心の注意を払うことが大切です。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加