皮膚のかぶれの治し方を知ろう

スポンサーリンク

 皮膚は様々な原因によってかぶれが出てしまいます。

 

かぶれは外部からの刺激によって起こるのですが、ハウスダストや金属、植物や動物などに触れることによって起こるアレルギーが原因の場合や、毎日の家事で使う洗剤や化粧品などの化学製品、また湿気や紫外線、寒冷などの環境によって起こる場合もあります。

 

原因は人それぞれ違っていますが、もともとアレルギー体質であったり、乾燥肌や敏感肌の方はなりやすい傾向にあります。

 

皮膚はバリア機能によって外部刺激から守られているのですが、肌が乾燥していたり、体質によってもともと肌が弱い方の場合には、バリア機能が低下してしまい、ちょっとした刺激でもかぶれが出てしまうのです。

 

かぶれの原因に触れないようにすることが大切なのですが、もし触れてしまった場合には、痒みが出ても強く掻かないようにすることが大切なのです。

 

また、自分のアレルギーの原因などを事前に調べておくことも予防につながります。

 

スポンサーリンク

皮膚に痒みが出るなど、かぶれてしまう事があります。

 

症状としては、炎症が起こり赤くなったり、発疹や斑点、水疱などができる事もあります。

 

また、強い痒みが出てしまうので、掻きむしりたくなってしまいますが、掻いてしまうと症状によっては、皮膚が破れたり膿が出てしまう事もあります。

 

かぶれの治し方ですが、自分でできる方法として、効果的なのが冷やす事です。

 

寒冷が原因の場合以外は、冷やす事によって炎症と痒みを抑える事ができるのです。

 

痒みが強くでてしまうと掻きたくなりますが、掻いてしまうと悪化させ広がる恐れがあるので、まずは冷やすことが大切です。

 

また、漆や化粧品など、皮膚に原因がついてしまった場合の治し方は、最初に綺麗に洗い流すことです。

 

強くこすると刺激を与えてしまうので、こすらないように水で流してあげます。

 

治し方がわからない場合や、冷やしても効果が出なかった場合には、悪化する前に皮膚科で診てもらう事が必要となります。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加