漆かぶれ 治療法

漆かぶれの治療法等について

スポンサーリンク

 漆かぶれとはその名からも分かるようにかぶれの一種で、正式には接触性皮膚炎と呼ばれる疾患になります。

 

接触性皮膚炎とは何等かの原因物質が皮膚に触れる事で、その触れた部分に炎症が起きてしまうというものです。

 

この疾患は刺激性接触皮膚炎と、アレルギー性接触皮膚炎の2種類に大きく分類する事が出来ます。

 

 刺激性接触皮膚炎とは強い刺激を持つ物質に触れる事で発生するもので、台所洗剤や化学薬品、毒を持つ虫等が挙げられます。

 

これに対してアレルギー性接触皮膚炎とは、アレルギーの原因となる物質に触れる事で炎症が発生するタイプを言います。

 

代表的な例としてはアクセサリー等の金属やゴム製品等があり、漆かぶれもこのタイプに分類されます。

 

 漆かぶれは強いアレルギー反応を持っている人の場合、漆に直接触れなくても間接的に触れるだけでも症状が現われます。

 

現在ではDIYに漆が用いられる事も多く、ホームセンター等でも比較的購入しやすくなってきています。

 

つまり漆に触れる機会がそれだけ増えている事になるので、心あたりのある人は注意が必要です。

 

スポンサーリンク

 漆かぶれが発生した場合に現われる症状としては、漆が触れた皮膚に痒みが発生するというのが挙げられます。

 

この場合の痒みは時間を追うごとに強くなる事が多く、それと合わせて患部が赤くなってくる場合も多いです。

 

更にひどくなると炎症が他の部分にも現われたり、患部の痒みが耐えがたいほど強くなる事もあります。

 

痒みは耐えるのが難しく掻きむしってしまう人もいますが、そうなると患部の皮膚が傷付いて状態の悪化を招く事も少なくないです。

 

こうなってしまうと治療期間が長くなってしまうので、出来るだけ早く病院を受診するのが望ましいと言えます。

 

 病院での治療法としては薬物療法を行う事が多く、内服薬や塗り薬が処方される事になります。

 

内服薬では抗ヒスタミン剤、塗り薬ではステロイド剤等が用いられるのが一般的となっています。

 

 ちなみに病院での治療法以外にも昔から伝わっている民間の治療法もあるので、軽度の場合には試してみるのも一つの方法です。

 

例えば海に浸かったり患部に塩を塗る、杉の葉を浮かべたお風呂に入る等の方法があります。

 

ただし、これらはあくまでも軽度の場合に効果があるとされているので、症状がひどい場合には病院の受診が望ましいです。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連ページ

漆かぶれの症状等について
かぶれの原因と症状と対応方法あれこれです。
漆かぶれに効く市販薬
かぶれの原因と症状と対応方法あれこれです。
漆かぶれはうつるのか
かぶれの原因と症状と対応方法あれこれです。
ウルシと似たかぶれ症状を引き起こすハゼノキ
かぶれの原因と症状と対応方法あれこれです。