テープ かぶれ 軟膏

テープかぶれに効く軟膏

スポンサーリンク

 肩こりや打撲をした時に貼る消炎テープ。

 

肌が弱っているときや、長時間テープを剥がすのを忘れていたとき、つい強く引き剥がしてしまったときなどにかぶれたことはありませんか。

 

かぶれてしまうと、赤くなったり痒くなったりして困りますよね。

 

そんなテープかぶれによく効く薬をご紹介します。

 

それは、リンデロンVG軟膏というお薬です。

 

知らない、お店で見たことないという方も多いかもしれません。

 

それもそのはず、こちらは病院でもらえる(または病院で処方箋を出してもらって薬局でもらえる)お薬だからです。

 

リンデロンVG軟膏は、皮膚の赤みや痒みを抑えてくれるお薬です。

 

ステロイドの「ベタメタゾン」と、抗生物質の「ゲンタマイシン」という成分が入っています。

 

お薬を使用するときは、患部を清潔にしてから塗るようにして下さい。

 

また、手で塗る場合は手を綺麗に洗ってから塗りましょう。

 

患部に塗るとき、塗り込むのではなく薄く伸ばすようにしてして下さい。

 

スポンサーリンク

注意点として、傷があるときは塗るのをやめたほうが良いです。

 

そしてリンデロンVG軟膏はステロイド剤なので、長期に渡っての使用はやめましょう。

 

しばらく使ってもなおらない時は、きちんと皮膚科を再受診して下さいね。

 

「リンデロンVG軟膏が良いのはわかったけど、病院にいく時間がない。

 

」そんな方には代替品として、市販のベネベートNをお勧めします。

 

ベネベートNも、ステロイドと抗生物質からなるお薬なので、抗生物質の成分は異なりますが、抗生物質としての効果は同じです。

 

ただやはりステロイドは、使い方を間違えると副作用が出たり悪化する恐れもあるお薬ですので、きちんと薬剤師さんに相談して購入、使用するようにしましょう。

 

使用上の注意もよく読んでくださいね。

 

テープかぶれに効くお薬を紹介しましたが、テープが合う合わないには個人差があるため、自分にあったかぶれにくいものを選ぶようにしましょう。

 

また、汗をかいていたら拭いてから貼付するなどかぶれにくくなるようにしましょうね。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連ページ

かぶれに効く薬について
かぶれの原因と症状と対応方法あれこれです。
まぶたのかぶれの原因と薬について
かぶれの原因と症状と対応方法あれこれです。
かぶれには薬としては一般にはオロナインが良いとされています
かぶれの原因と症状と対応方法あれこれです。