顔 かぶれ オロナイン

顔のかぶれとオロナインについて

スポンサーリンク

 顔のかぶれが出てくることがあります。

 

空気が乾燥したりというようにさまざまな原因が考えられますが、病院を受診して治療をするという方法があります。

 

このほかには自宅でセルフケアをするという方法もあります。

 

セルフケアをするときに使われるのが市販薬となります。

 

このときに注意をしなければいけないことがあります。

 

市販薬を使うときには、非ステロイド系のものを選ぶようにします。

 

またこれから顔にかぶれを再び引き起こしたくないというような場合には、しっかりと保湿ケアをすることが大切になります。

 

市販の肌荒れ薬にはステロイド系と非ステロイド系というものがありますが、皮膚科を受診せずにセルフケアを行うという場合には、比較的安全な非ステロイドを使うようにします。

 

その中で有名なものとしてはオロナインがあります。

 

オロナインなどを使うようにしますが、乾燥している場合にはワセリンを使うという方法もあります。

 

したがってしっかりと選ぶ必要があります。

 

スポンサーリンク

一般的な顔のかぶれや肌荒れに関しては、市販薬で治すことができます。

 

しかしこのときに注意をしなければいけないことがあります。

 

それは肌が乾燥しているという人や、敏感肌で刺激に弱いというような場合には、保湿不足の可能性があります。

 

人間は肌の状態がいいというようなときには、肌の内側から保湿をすることができるようになっています。

 

その結果肌のバリア機能が回復をし、肌荒れに強い肌へと変化するようになっています。

 

顔のかぶれや肌荒れに関しては、薬で治すことができるようになっています。

 

オロナインやワセリンというような薬がありますが、これがアレルギーや皮膚病でない場合は、再びかぶれたり肌荒れを引き起こしてしまいます。

 

オロナインなどの薬は抗炎症作用があるので、一時的に炎症が治まるようになっています。

 

しかし再び繰り返すというようなときには、生活習慣が関係していることがあります。

 

生理前やストレスがたまっている状態では肌荒れを引き起こしやすくなっています。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加