かぶれる

肌がかぶれる症状と対処方法

スポンサーリンク

 皮膚がかぶれると赤く腫れ、痛みやかゆみといった症状や、肌にぶつぶつが出来たりジュクジュクとしてしまうこともあります。

 

このようなかぶれは正式には接触皮膚炎と呼ばれており、症状を発症させる原因となる物質が直接肌に触れたことで炎症してしまうケースのことです。

 

それゆえに決して珍しい症状ではなく、皮膚炎の中では比較的発症しやすい部類に入ります。

 

そんなかぶれのおもな原因としては、アレルギーや強い刺激を与える物質に触れるといったことで、植物や虫、金属や衣類の繊維、洗剤や化粧品など実にさまざまなものによってかぶれる可能性もありますし、その時の体調や周囲の環境なども影響する場合があります。

 

それゆえに誰しもがかぶれる可能性はあるのですが、原因となる物質が分かっている場合は、何よりもその物質に触れないことが一番の予防方法です。

 

そして化粧品などの使用によって少しでも肌に異常が生じた場合は、ただちに使用を停止することも大切です。

 

スポンサーリンク

かぶれが発症することは珍しいことではありませんし、そのまま放置して完治してしまうケースもあります。

 

しかしかゆみを我慢することはなかなか大変ですし、一度患部をかきむしってしまうと、今度はそれが刺激となり、ますます症状が悪化することもあります。

 

それゆえにかゆみが我慢できずに症状が良くならないような場合は、医療機関を受診しましょう。

 

また日頃からの肌のケアも予防につながりますので、規則正しい生活の実行や、肌や生活環境を清潔に保つなどして肌のバリア機能を低下させないようにしましょう。

 

とくに乾燥する季節などはかぶれも発症しやすいため、肌の保湿も重要です。

 

もっともだからといってさまざまなスキンケア商品を使用して保湿に励んだとしても、使用している保湿剤によっては逆に肌をかぶれさせてしまうものなどもあるので注意が必要です。

 

そうならないためにもスキンケア商品は、余計な添加物などが含まれておらず、肌に優しい成分で作られたものを使用するようにしましょう。

 

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加