ナプキン かぶれ 痛み

ナプキンによるかぶれと痛み対策について

スポンサーリンク

 女性はある年齢になると生理が始まり、40代後半から50代まで毎月生理がきます。

 

生理の際には、多くの女性がナプキンで処理しています。

 

生理は女性ホルモンのバランスが崩れるので、だるさや眠気、頭痛や腹痛などが起こったり、激しい生理痛に悩む人も多くいます。

 

しかし、生理の時は体調不良だけではなく、ナプキンによるデリケートゾーンのかぶれで悩んでいる女性も多くいるのです。

 

デリケートゾーンのかぶれの原因は、ナプキンをあてることによって蒸れてしまうからです。

 

通常でも女性の下着は肌に密着しているため蒸れやすいのですが、ナプキンのような厚手の物をあてるため、さらに蒸れやすく、湿度が高くなってしまうのです。

 

血液だけでなく、汗もかきやすくなるので痒みが出やすくなります。

 

肌が弱い方であれば、歩いたり動くと痒いだけでなく、すれて痛みが出てしまう場合もあります。

 

痛みが出ると歩くのも辛くなってしまい、悩んでいる人も多いのです。

 

スポンサーリンク

女性の多くが、ナプキンによるかぶれで悩んでいます。

 

湿度が高くなってしまうので、どうしてもかゆくなったり、肌に湿疹がでるなどかぶれが出てしまうのです。

 

痒いからといってがりがり掻いてしまうと、今度は痛みが出てしまいます。

 

真っ赤になって、排尿した時など、しみてしまう場合もあります。

 

デリケートゾーンのかぶれの治し方ですが、現在では肌に刺激の少ない布ナプキンも作られています。

 

通常の商品よりも、肌に刺激を与えにくいので、かゆみが起こりにくくなるのです。

 

また、かぶれと痛みが出ている場合には、ごしごしと洗わずに、お湯で優しく流すように洗います。

 

デリケートゾーン専用の薬も販売されていますので、使用するのも効果的です。

 

蒸れない事が大切ですので、血液の量が多い時は特にですが、こまめに交換してあげる事が対策につながります。

 

あまりにも症状がひどい場合や、これらのことを行っても効果がない場合には、婦人科などを受診するのが安心です。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加