おしり かぶれ 薬 大人

大人のおしりかぶれに効果がある薬について

スポンサーリンク

 赤ちゃんがおしりかぶれを引き起こすということがありますが、これは長時間おむつをはいているということが原因として考えられています。

 

しかし赤ちゃん以外にも、大人でもおしりかぶれが発生することがあるのです。

 

おしりがむずむずとしてかゆかったり、我慢することができないという人がいますが、なかなか人に見せることができる場所ではないので、相談することができずに1人で悩んでいるという人も少なくありません。

 

しかしかゆみがひどくなると、じっとしていることができずに夜も眠れないという人もいます。

 

このようなときには薬で対処をするという方法があります。

 

このほかに大人の場合には、生活習慣を見直すという方法もあります。

 

大人がおしりのかゆみを引き起こす原因として考えられているのは、便の拭き残しであったり、汗や疾患などになります。

 

このほかには接触性皮膚炎などの可能性もあります。

 

汗で蒸れたときにはかゆみや炎症反応が起こるようになっています。

 

スポンサーリンク

またおしりの環境をよくするために、トイレの後はしっかりと拭き取るということが大切です。

 

おしりのかぶれに関しては、皮膚病ではないので人にうつるということはありません。

 

皮膚に刺激を与えることで、そこに汗や便がついて肌が傷つき、慢性化していると考えることができます。

 

したがって下着を改善したり入浴剤や洗濯洗剤などを変えるというような方法もあります。

 

これらの方法でも症状が改善しないというような場合には、薬を使うようにします。

 

どのような薬が効果があるのかというと、ステロイド系の塗り薬となります。

 

ステロイドと聞くと肌に刺激を与えるのであまりよくないと考える人がいますが、決してそのようなことはありません。

 

ステロイドでも正しく使うことで、副作用の心配も少なくなります。

 

ここで注意をしなければいけないことがあります。

 

病院などを受診してステロイド系の薬が処方されますが、症状が治まったからと言って自己判断でやめないようにします。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加