まぶた かぶれ 薬

まぶたのかぶれの原因と薬について

スポンサーリンク

まぶたのかぶれが、自分で原因が大体わかっているつもりでも、かぶれの原因によっては、使用する市販薬も変わります。

 

女性に多いまぶたのかぶれの原因では、やはり化粧品が肌に合わず敏感になったりして、拒否反応が出てしまう時があります。

 

まぶたの皮膚は敏感なので、数ある化粧品の主要成分によっては、比較的に刺激が強く合わない場合もあり、そういう時には、まず使用している化粧品をやめ、あまりまぶたをこすらないようにしましょう。

 

そういう原因の時には、市販薬で「オイラックス」があります。

 

行きつけのドラッグストアで、薬剤師から簡単に症状を言って、説明をよく聞いてみると、よいでしょう。

 

万が一、違う原因という可能性もありますので、わからない事や、心配な事なども含めて、よく説明を聞いたうえで市販薬を試してみてください。

 

もちろん、その間も症状を悪化させないようにむやみに、まぶたをこすったり、掻いたりしないようにしてください。

 

スポンサーリンク

また、まぶたのかぶれの原因として考えられるのが、季節的な事も含めると花粉症が原因ということがあります。

 

この場合も、かゆいからとむやみに掻かないよう出来るだけ心がけてください。

 

こういう症状では「目薬」があります。

 

しかし、その時にもドラッグストアで薬剤師へ症状を言い、詳しい説明を聞いてください。

 

すぐに花粉症だと決めつけることのないように花粉症以外の、かびなどのアレルギー反応が原因という場合もあるからです。

 

また別の原因として、冬など空気が乾燥している季節的な原因が考えられます。

 

乾燥することによって、かゆみが出て結果的にかぶれることがあるのです。

 

その場合には「ワセリン」がよいでしょう。

 

もちろん、この時にも説明をよく聞いてください。

 

基本的に「ワセリン」は、水分の蒸発を防ぐ効果がありますので、こういう時の原因にはよく効く場合があります。

 

これまでいくつかの原因を申し上げましたが、くれぐれも安易に原因を自分で判断することのないように時には、かかりつけの病院でよく症状を診てもらったうえで判断してください。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連ページ

かぶれに効く薬について
かぶれの原因と症状と対応方法あれこれです。
かぶれには薬としては一般にはオロナインが良いとされています
かぶれの原因と症状と対応方法あれこれです。
テープかぶれに効く軟膏
かぶれの原因と症状と対応方法あれこれです。