デリケートゾーン かぶれ 痛み

デリケートゾーンをかぶれや痛みから守るために

スポンサーリンク

 生理になると多くの女性の方はナプキンを使用しましたが、生理中にナプキンを使用することによってデリケートゾーンがかぶれてしまったり、かゆみや痛みを引き起こすことになってしまいます。

 

生理中は経血が出るため、ナプキンは吸収力がなくてはいけませんが、吸収力が高いために湿度が高くなりムレやすくなります。

 

また、ナプキンは生理中でも快適に過ごせるように開発が進んでいますが、石油系のナイロンでできているため摩擦が起こりやすくなります。

 

デリケートゾーンの皮膚は他の場所の皮膚と違い薄く敏感なため、ムレと摩擦ですぐにかぶれてしまいます。

 

早い段階で処置をしなければ、かゆみもひどくなり痛みも出てきます。

 

生理中は汚れやすくトイレに入るとトイレットペーパーで擦って汚れを取りたくなりますが、こすると余計にかぶれがひどくなるので優しく押さえるように汚れを取ったり、専用のウエットティッシュなどを使って汚れを取る事が、かゆみや痛みをひどくしないためには必要です。

 

スポンサーリンク

生理中のデリケートゾーンを守るためには、経血が多い日以外の時でもこまめにナプキンを取り替える事が大切です。

 

何時間を同じものを使っていると、ムレやすくなるので気をつけなければいけません。

 

そして、体を洗う時はトイレの時と同じく優しく洗う事が大切です。

 

石鹸は洗浄力が強いのでかぶれがひどい時は、お湯で洗い流すだけで十分です。

 

かゆみや痛みがある時は、市販薬の塗り薬が販売されているので対処する事が出来ます。

 

しかし、塗り薬を塗ったことでさらにひどくなったり、なかなか良くならない時は膣カンジダ症などに感染している可能性もあるので、一度病院で診てもらった方が良いです。

 

生理中のデリケートゾーンを守るためには、自分に合うナプキンを見つけることも大切です。

 

また、どうしても売られているナプキンが合わない時は、布ナプキンにしたりタンポンにするという方法もあります。

 

試したことがないと抵抗がある方も多くいますが、ナプキンによるムレと摩擦は確実に解消する事が出来ます。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連ページ

デリケートゾーンのかぶれには、適切な薬の使用が効果的
かぶれの原因と症状と対応方法あれこれです。
ナプキンが原因のおしりかぶれへの対処とスキンケアについて
かぶれの原因と症状と対応方法あれこれです。