漆かぶれ 症状

漆かぶれの症状等について

スポンサーリンク

 漆かぶれとはその名の通りにかぶれと呼ばれる疾患の事で、正式には接触性皮膚炎というものになります。
接触性皮膚炎とは炎症を起こす原因に皮膚が触れると、その触れた部分に炎症が発生してしまうという疾患です。

 

大きく刺激性接触皮膚炎とアレルギー性接触皮膚炎に分類されるのですが、漆かぶれはアレルギー性接触皮膚炎になります。

 

 漆と呼ばれるアレルギーの原因物質に皮膚が触れる事で、漆にアレルギーを持っている人の皮膚に炎症が起こるのです。

 

強いアレルギーを持っていると漆そのものに触れなくても、少量でも使っている製品に触れるだけで症状が現われると言われています。

 

それ以外にも漆に触れた物に間接的に触れるだけでも症状を引き起こす可能性も否定出来ないので、心あたりのある人は用心しておいたほうが賢明です。

 

現在ではDIYも盛んになっていて、ホームセンター等でも漆が手に入るくらい身近になっています。

 

つまり、それだけ漆に触れる機会が増えているという事にもなるので、漆にアレルギーがある人は気を付ける必要があります。

 

スポンサーリンク

 漆かぶれが発生した場合に現われる症状としては、漆が触れた部分の皮膚の痒みを挙げる事が出来ます。

 

この痒みは時間の経過に伴って強くなる事も多く、それと合わせて患部が赤くなってくるケースも多いです。

 

更に悪化すると他の部分の皮膚にも炎症が現われてきたり、痒みがひどくなって夜も眠れなくなってしまいます。

 

ここまで症状が悪化すると我慢出来ずに患部を掻きむしってしまう事も多く、患部が傷付いてしまう事も少なくないです。

 

こうなってから治療を開始すると治るまでに長くかかる事になるので、出来るだけ早く病院を受診する事が大切になります。

 

 病院での治療方法としては薬物療法を行う事が多く、内服薬や塗り薬を組み合わせて処方される場合が少なくないです。

 

内服薬としては抗ヒスタミン剤、塗り薬としてはステロイド剤等が用いられるのが一般的となっています。

 

 ちなみに漆に触れる場合にはあらかじめ予防対策を講じる事で、発症を防ぐ事が出来る場合もあります。

 

例えば肌にワセリンを塗っておく、長袖・長ズボンを着用する等で肌の露出を出来るだけ防ぐ等を挙げる事が出来ます。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連ページ

漆かぶれに効く市販薬
かぶれの原因と症状と対応方法あれこれです。
漆かぶれはうつるのか
かぶれの原因と症状と対応方法あれこれです。
漆かぶれの治療法等について
かぶれの原因と症状と対応方法あれこれです。
ウルシと似たかぶれ症状を引き起こすハゼノキ
かぶれの原因と症状と対応方法あれこれです。